銀行からお金を借りるための条件を把握しておこう

誰でも無条件で銀行から融資を受けられるわけではありません。 では、どのような人になら融資をしてもらえるのでしょうか。 基本的な条件としては、20歳以上、定職に就き収入がある人です。 法律上では20歳以下に融資をすることを禁止していますので、原則として未成年への融資はしません。 また、お金を貸せば当然、返済をしてもらわなくてはなりませんので、収入がない人には融資できません。 よって、20歳以上で収入がある人が最低限の条件になってきます。 さて、ここから収入額、職業、他社の債務など消費者の個人情報を元に返済能力を確認し、融資が可能かどうかが判断されます。 審査の基準は一概ではなく、銀行や融資額によるので、どのような人ならクリアできるとは言えないでしょう。 また、融資と一口に言ってもフリーローン、住宅ローン、カードローン、事業者ローンなど様々なローン商品がありますが、どの融資を受けるかによっても審査の基準は変わってきます。 ちなみに、融資の際に提出する書類に不備があれば、返済能力では問題がなくても信頼できないとして融資を断られてしまう可能性があり、虚偽の申請は今後の融資にも影響しますので注意してください。 さて、融資が少々厳しいかなという場合、担保や保証人を入れることができれば融資をしてもらえる可能性も高まります。 この場合、担保の価値や保証人の返済能力も審査の対象となり、こちらでカバーできる部分もあるでしょう。